登録方法と必要書類

2018.02.19

未分類

登録方法と必要書類 はコメントを受け付けていません。



印鑑登録の方法は大きく3つあり、登録方法や登録にかかる時間が変わってきます。具体的に印鑑登録はどの様な方法で手続きして、どんな書類が必要なのでしょう。

女性文書照会方式は、本人又は代理人が2度来庁して、後日登録になります。窓口で申請書を提出後、本人宛に照会書兼回答書が送られます。申請した印鑑を押して回答書に記入後、改めて窓口で申請します。窓口に来るのが本人の場合、登録する印鑑と本人確認書類が必要です。代理人が窓口に来る場合は登録する印鑑以外に、代理人の委任状と代理人の本人確認書類、代理人の認印が必要です。委任状に不備があると手続きできない場合があるので注意しましょう。

免許証方式は、本人のみが窓口で手続きできる即日登録です。登録する印鑑と、本人確認できる運転免許証やパスポートなど顔写真付きの証明書が必要です。有効期限がある証明書は期限内に限ります。

保証人方式は、即日登録です。免許証方式で指定された本人確認書類の条件を満たさない場合、既に印鑑登録している人が保証人になって手続きします。登録する印鑑と本人確認書類、保証人が実印を押印して保証書欄に記入した登録申請書が必要です。保証人の必要書類や代理人でも手続きできるかなど、状況や自治体によって異なるので事前に確認しましょう。

実印や印鑑証明書が必要になった時に慌てない様、事前に余裕をもって印鑑登録を行いましょう。