印鑑登録とは

2018.02.13

未分類

印鑑登録とは はコメントを受け付けていません。



大切な手続きの場面では、実印の押印や印鑑証明書の提出を求められることがあります。実印や印鑑証明書を用意するためには、事前に印鑑登録を行っておく必要があります。印鑑登録はどの様に行うのでしょう。登録できる印鑑や注意点、必要書類はどのようなものがあるのでしょう。

印鑑印鑑登録は登録された印章によって個人を証明し、その財産や権利を守るための制度です。実印や印鑑証明書が必要になる場面は日常生活の中の大きな手続きだからです。例えば不動産の登記や土地の売買、住宅ローンを組む時、自動車の購入や売却、公正証書など法的な書類の作成などです。

実印とは役所に登録をした印鑑のことです。15歳以上であれば住民登録している市区町村役場で手続きできます。登録できる印鑑は1人1個のみで、印影が8mm~25mmの正方形に収まるものです。ゴム印や同型印、印鑑のサイズなど、登録できない印鑑には様々な条件があるので注意が必要です。

登録方法は後日登録の文書照会方式や、即日登録の免許証方式と保証人方式があります。文書照会方式は代理人でも手続きを行えますが、2度窓口に行く必要があります。免許証方式は顔写真付きの本人確認書類が必要となるため、健康保険証など顔写真のないものや有効期限が切れた本人確認書類として認められないので注意しましょう。印鑑登録は各自治体の印鑑条例によって行われるので、自治体によって異なる場合があります。不安なことは事前に電話などで確認しましょう

実印や印鑑証明書は日常生活のなかでも、大切な場面で必要になります。このサイトでは印鑑登録のための準備から注意点、登録方法まで説明します。